ポタジェ創刊号

ポタジェ 〜食べる通信 from 埼玉〜の【読者限定イベント】原さん親子と埼玉小麦の未来を語らナイト!に行ってきました。

埼玉小麦の未来を語らナイト!してきました。

ポタジェ 〜食べる通信 from 埼玉〜 主催の、【読者限定イベント】原さん親子と埼玉小麦の未来を語らナイト!に行ってきました。なんかイベント名が面白かったので(笑)

記念すべき創刊号 “表紙の人” にご対面〜!

創刊号の特集は小麦!写真の冊子やパン、小麦粉、そして本物の”麦穂”がセットになって届きました。
創刊記念パーティや編集者の安部さんの話を通して「埼玉は小麦県」と知ったわけですが、今日は紙面を飛び出したリアルなつながりの場でした。

座談会という事で、生産者さん、製粉会社さん、加工会社さん、パン屋さん、食育を推進しているパンのプロの方、そしてわたしのような消費者(生活者)が参加。
生産者の原さん親子は、小麦・米農家でポタジェ 〜食べる通信 from 埼玉〜 創刊号の表紙にもご出演されました。あ、この(写真)表紙の人だ〜という感じで、不思議な感覚。

小麦に携わるプロの熱〜い思いを目の前で感じまして

畳の部屋が良かったなぁと感じました。
参加者同士が壁を作らずざっくばらんにお話ができて、時折プロ同士の熱いキャッチボールも垣間見れたりして、
小麦に携わる沢山の角度を知れました。
あ、あと“新麦”というのを初めて知りました。

中身の無い頭をフル回転して聞いていたので、写真をすっかり撮り忘れましたが…
埼玉と小麦を知るいい機会になりました。

そういえば小麦はドイツ語で “Weizen”。うんうん、いい響き(笑)
今後も楽しいイベントなど企画があるみたいなので、注目していきたいなと思います^^

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.